• ホーム
  • 一般人が低用量ピルに抱いている大きい勘違い

一般人が低用量ピルに抱いている大きい勘違い

低用量ピルというと一般的には避妊薬という認知のようです。
もちろんそれが目的で利用している方も多いですが、実はこれは大きい勘違いなのです。
そもそも低用量ピルはホルモンバランスの乱れによる辛い症状の緩和のために開発された薬です。
実際に月経困難症の方などはその症状の軽減のために用いています。
ただ、ここで注意したいのが健康保険の適用です。
病気の治療の場合は保険が適用されて安価で治療を受けられるのが基本ですが、実は低用量ピルに保険は使えません。
保険をきかしたいとなると、中用量ピルとなります。
こちらは中用量というように低用量よりも含まれるホルモンが多いため、副作用の確率が高まるようです。
多いのが体重の増加です。
ホルモンの影響で食欲が増すために太ってしまう方がたまにおられるようです。
ホルモンによる副作用が心配であるなら、保険が使えない低用量ピルがいいでしょう。
保険が使えなくても1シート3000円程度とそれほど高くないので、低用量という選択肢も視野に入れておくといいでしょう。
ピルでホルモンの乱れによる辛い症状がおさまるのはいいけれど、避妊薬としても知られることから、服用をやめた後に正常に妊娠できるのか不安という方も多いようです。
低用量ピルは簡単に言うと擬似妊娠状態を作って妊娠を防ぐ薬です。
そのため服用をやめた後、それによって妊娠しにくくなるということはないようです。
もちろんやめてすぐの妊娠は難しいですが、服用中止後3ヶ月もすると正常な妊娠が可能になると言われています。
ピルはそもそもホルモン障害の治療薬として開発されたものなので、重い生理痛などにお悩みの方こそ本当は飲んでもらいたいものなのです。

関連記事