• ホーム
  • ピル服用で生理期間の日常生活の質の低下を回避しよう

ピル服用で生理期間の日常生活の質の低下を回避しよう

スプーンの上にある色々なカプセル

女性は、十代前半で初潮を迎えてから、妊娠、出産で休止期間はありますが、その後閉経まで、ずっと生理という習慣がついて回ります。
女性と生理は切っても切れない関係で、女性の日常生活には、大きく関わってくるものなのです。
しかし、生理期間及びその前後に、体調の変化を訴える女性はとても多く、特に生理中は、普段よりも不調になってしまう方がほとんどです。
生理であっても、いつもと同じように過ごせる、とする方のほうが圧倒的に少ないでしょう。
生理という習慣によって、日常生活の質が、著しく低下しているとしたら、それは、女性の長い一生において、とても損なことです。
生理周期には個人差はあれど、大半の方が一か月周期で迎え、その前後も含めると、実に一か月の三分の一は、何かしらの不具合を抱えて生活をしなければならないのです。
特に生理痛がひどかったり、経血量が多かったり、生理前症候群がきつい方などは、またあの嫌な生理がやってくる、と考えただけで、強いストレスを感じてしまいます。
このような状態は、低用量ピルを服用することで、うそのように解決できます。
ピルは言わずと知れた、女性が飲む避妊薬ですが、ホルモンバランスを整える作用が働くので、女性のデリケートで揺らぎやすい身体と心を落ち着かせ、うれしい効果がたくさん期待できます。
生理周期をカレンダーのように安定させることが出来るので、いつ生理が来るかわからないということがなくなり、スケジュール管理がしやすくなり、生理不順か改善されます。
また、経血量が減退するので生理痛がなくなり、ナプキンをこまめに代える必要もなくなります。
月経前のいらつきや骨盤痛などもなくなり、ニキビも改善できます。

関連記事