• ホーム
  • ピルとほかの薬を併用しての服用を続けるときの注意点

ピルとほかの薬を併用しての服用を続けるときの注意点

ピルは、経口避妊薬のことを指します。
ただ、それだけではなく女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きを持っていますのでよく女性が使用します。
ピルの中には女性の生理や生殖機能などに関連が深い卵胞ホルモン及び黄体ホルモンの2つが含まれています。
この女性ホルモンによって排卵を抑制する働きがあります。
ピルとほかの薬とを併用する人も中にはいると思われます。
ただ、飲み合わせによっては思わぬ健康上の悪影響があるため併用を続ける際には注意しておいたほうが良いことはたくさんあります。
ピルとほかの薬と飲み合わせても影響がないタイプの医薬品としては、まず目薬・塗り薬・シップ・坐薬などの外用薬については特に併用しても問題はありませんので使用量だけ守っておく分には心配する必要はありません。
それから、市販の風邪薬や痛み止めの薬についても問題はないとされています。
漢方薬も病院で処方されたものであれば特に問題はありません。
飲み合わせで注意する必要がある医薬品としては、化膿止めとして使用されている抗生物質が挙げられます。
このうち、ペニシリン系とテトラサイクリン系についてはピルによる効果を下げてしまいますのでできれば他の薬に変えてもらったほうが望ましいといえます。
それから、喘息の薬のうちテオフィリン製剤と呼ばれているタイプの薬との併用はテオフィリンの効果が強く出てきてしまうことがあるため、使用しないようにする必要があります。
サプリメントで販売されている成分についても、チェストベリーについてはピルの効果を下げてしまうことがありますので使用は控えるようにします。
アルコールとの併用については特に問題はありませんが、アルコールの飲み過ぎには注意しましょう。

関連記事